レオン テラシマ Leon Terashima


スロヴェニア共和国生まれ、日本育ち 1974年生まれ

独特な色使いとタッチで、数々の絵画を制作し、版画作品を中心とした個展を全国で開催中。リアリズムと独創性で描き出される作品は、版画だけでなく、様々なコラボレーション企画により、絵画以外にもアパレルや、各種グッズなどにも使用されています。
黒柳徹子さんを描いた作品「PASSION OF TETSUKO」は現在もテレビ朝日「徹子の部屋」の収録スタジオにて飾られております。※下記作品


また全国の大手ホテルや、レストラン等でも多くの作品が飾られており、ファンには世界中の有名アーティスト、セレブリティーな方々も多数。

また、レオンテラシマとしてのもう一つの顔が音楽家/音楽プロデューサー。
3歳よりピアノを習い始め、8歳からフルート、10歳より作曲、和声を白小路音楽院で学びその後16歳までピアノは大阪音楽大学梅本俊和氏に師事。
その後17歳までクラシックを学び、奏者としては17歳で、オーケストラとのセッション等も行った。17歳より、ポップスに転向し、作詞、作曲、編曲等を手掛け始める。1995年より、作曲家、写真家、デザイナーとマルチな活動を開始。97年には千原兄弟の全国ツアーパンフ・ポスター・ビデオパッケージの撮影、デザイン等も手がけ、写真家としてもその後様々なCDジャケット、写真集、ツアーパンフレット、ポスター等の撮影も行う。 
作曲家として楽曲の制作数は800曲を越え、邦楽アーティストや、洋楽アーティストだけでなく、歌謡曲や、演歌、ゆるキャラのテーマソングや、クラシック、各種テーマソング等様々なジャンルの楽曲を提供している。現在は、各種プロモーションビデオの撮影監督等さらに幅を広げた活動も展開している。